平成20年度 行政書士試験問題 8

法令択一 多肢選択式 記述式 47〜54 55〜60

正解例

一般知識等

問題55 いわゆる「e−文書通則法」*に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1 この法律は、法令の規定により民間事業者等が行う書面の保存等に関し、電磁的方法により行うことを義務づけるに際しての共通事項を定めるものである。
2 この法律は、文書内容の重要性や改ざんのおそれ等に応じて、書面の電子保存の具体的な方法や要件を統一的に定めている。
3 この法律は、地方公共団体が条例や規則により書面による保存等を義務づげている文書についても直接に適用される。
4 この法律は、紙で作成された書類をスキャナで読み込んだイメージファイルなど(電子化文書)も一定の技術要件を満たせば原本とみなすことを認めている。
5 この法律は、書類の作成と保存については電磁的方法によることを認めたが、利用段階で書面の縦覧等に代えて情報のディスプレイ表示を利用することは認めていない。
(注)*民間事業者等が行う書面の保存等における情報通信の技術の利用に関する法律

問題56 情報セキュリティ技術に関する次のア〜オの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。

ア 電子署名とは、実社会の手書きサイン(署名)や押印を電子的に代用しようとする技術であって、作成名義の同一性(本人性)および内容の同一性(非改ざん性)を確認することができるものをいう。
イ ファイアーウォールとは、「防火壁」を意味し、インターネットから送られるパケットを識別することを通じて、不正侵入やアタック等をリアルタイムで監視し、管理者に警告するシステムをいう。
ウ バイオメトリクス認証とは、指紋、声紋、虹彩、静脈の血管形状パターンなど、個々人の生体固有の情報を用いて本人確認を行う方式をいい、出入国管理や金融の分野における利用が進められている。
エ 電子透かしとは、画像、映像、音声などのデジタル・データに、人間の知覚では判別できない特定の情報を埋め込む技術であって、著作権保護技術として用いられることが多い。
オ 侵入検知システムとは、セキュリティ対策用のソフトウェアの一つであり、外部と内部のネットワークを結ぶ箇所に導入することを通じて、データの出入口の段階で不正な攻撃を検知する。

1 一つ
2 二つ
3 三つ
4 四つ
5 五つ

問題57 インターネットおよびその利用に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1 インターネットの歴史は、アメリカで国防用を主目的として開発されたコンピュタネットワークの構築に遡るといわれる。
2 IPアドレスとは、インターネットに接続しているコンピュータごとに振られている識別番号のことである。
3 クッキーとは、Webぺ一ジにアクセスした利用者を、Web・サーバ側でチェックするための機能である。
4 Web2.0とは、ネットワーク型、双方向型の高度な機能を有するビジネスを、旧来のビジネスモデル(1.O)と比べた表現である。
5 ウィキペディア(Wikipedia)とは、イギリス発祥の出版事業者が運営する百科事典の無償オンラインサービスのことである。

問題58 省略

問題59 省略

問題60 省略

>>> 法令択一 多肢選択式 記述式 47〜54