平成22年度 行政書士試験問題 8

法令択一 多肢選択式 記述式 47〜54 55〜60

正解例

一般知識等

問題55 次のうち、いわゆる「プロバイダ責任制限法*」についての記述として、妥当なものはどれか。

1 この法律は、たとえば他人のID、パスワード等を不正に利用するなど、ネットワークを利用したなりすまし行為などについて、権利侵害の存否を問わずこれを防止する責任を、ブロバイダについて軽減している。
2 この法律では、情報の発信は不特定の者に対するものでなければならないので、特定人のみを相手とする通信は適用の対象とならず、ウェブサイトでの公開のような情報の発信が適用の対象となる。
3 この法律は、青少年のインターネット利用環境の整備の観点から、政府があらかじめ政令で有害情報に分類・指定したサイトヘのアクセスを遮断しても、プロバイダは、特例として、法的責任を負わないとするものである。
4 この法律は、プロバイダに加えて、インターネットの掲示板に書き込みをする者、書き込みを閲覧する者についても責任を認めており、責任の程度は制限しているが、責任を負う者の範囲を制限しているわけではない。
5 この法律は、インターネットの掲示板に自己の名誉を毀損する書き込みがなされたと主張する者から、書き込んだ者の情報(発信者情報)の開示請求を受けた場合、プロバイダが迅速に無条件で開示に応じることができるように、プロバイダの損害賠償責任を制限している。
(注)*特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律

問題56「個人情報の保護に関する法律」に関する次のア〜オの記述のうち、誤っているものはいくつあるか。
ア この法律は、高度情報通信社会の進展に伴い個人情報の利用が著しく拡大していることを背景として制定された。
イ この法律は、個人情報の有用性に配慮しつつ、個人の権利利益を保護することを目的とする旨を明文で定めている。
ウ この法律は、個人情報取扱事業者と消費者の情報格差を是正し、消費者の経済的権利を保護することを明文で定めている。
エ この法律は、国及び地方公共団体の責務のほかに、個人情報取扱事業者の遵守すべき義務を明文で定めている。
オ この法律は、個人の人格尊重の理念の下に個人情報を慎重に取り扱うべき旨を明文で定めている。

1 一つ
2 二つ
3 三つ
4 四つ
5 五つ

問題57 インターネットに関する用語とその説明に関する次の記述のうち、用語に対応する説明が妥当でないものはどれか。

1 コンピュータウイルス
  電子メールやホームページの閲覧などを通じてコンピュータに侵入する特殊なプログラムであり、自らを複製しながら増殖する性質を持つものが多い。
2 無線LAN
  有線LANのケーブルを無線に置き換えたものをいい、配線の必要がない点で便利ではあるが、有線LANと比較してセキュリティ対策が万全ではないという欠点が指摘されている。
3 ユーザー認証
  ユーザーが本人であるかどうかを確認する仕組みをいい、なりすましを困難にするために、一般的に公的個人認証による方法を用いることが多い。
4 サーバ
  ネットワーク上で情報やサービスを提供するコンピュータのことをいい、インターネットでは、Webサーバやメールサーバ、DNSサーバなどが使用されている。
5 ログ
  コンピュータが保有するユーザーの接続時刻や処理内容などを記録したファイルのことをいい、通常は、ログを参照することで、コンピュータの動作を管理することができる。

問題58 次のア〜オの記述のうち、本文中で画家が「〜〜〜」の意味している内容説明として、不適切なものの組合せはどれか。

 内容省略

問題59 次のア〜オの記述のうち、本文の空欄[A]・[B]に当てはまるものの組合せとして適当なものはどれか。

 内容省略

問題60 本文中の空欄[ア]〜[カ]の空欄には、「○○」または「●●」のいずれかが入る。そのうち「○○」が入るものの正しい組み合わせはつぎのうちどれか。

 内容省略

>>> 法令択一 多肢選択式 記述式 47〜54