平成23年度 行政書士試験問題 8

法令択一 多肢選択式 記述式 47〜54 55〜60

正解例

一般知識等

問題55 情報公開法(行政機関の保有する情報の公開に関する法律)及び行政機関個人情報保護法(行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律)に関する次のア〜オの記述のうち、正しいものの組合せはどれか。
ア 行政機関個人情報保護法の保有個人情報が記録されている「行政文書」は、情報公開法のそれと同じ概念である。
イ 各地方公共団体は、情報公開法の直接適用を受ける一方で、個人情報保護については個別に条例を定めて対応している。
ウ 情報公開法にも行政機関個人情報保護法にも、開示請求に対する存否応答拒否の制度が存在する。
エ 情報公開法及び行政機関個人情報保護法との関連で、開示決定等に関する不服申立てを調査審議する機関として、情報公開・個人情報保護審査会が設置されている。
オ 情報公開法にも行政機関個人情報保護法にも、偽りその他不正の手段により、開示決定に基づく情報開示を受けた者を過料に処する旨の定めが存在する。

1 ア・オ
2 ア・イ・エ
3 ア・ウ・エ
4 イ・ウ・エ
5 エ・オ

問題56 消費者保護と個人情報保護に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

1 消費者庁は、消費者安全法、特定商取引法(特定商取引に関する法律)などに基づく消費者保護関連の事務に加えて、個人情報保護の基本方針に関わる事務をつかさどっている。
2 消費者契約法における消費者も個人情報保護法(個人情報の保護に関する法律)における個人も、その利益を一方的に害する契約を締結させられた場合において、当該契約の無効を主張できる権利をそれぞれの法律上付与されている。
3 個人情報保護制度は、個人と個人情報取扱事業者との間で、取り扱う個人情報の質及び量に格差が存在することをその前提とするが、消費者保護制度には、このような観点は存在しない。
4 個人は、個人情報を不当に取り扱われるおそれがある場合には、適格消費者団体に倣って創設された適格個人情報保護団体を通じて差止めを求めることができる。
5 消費者保護における消費者は法人及び権利能力なき社団を含むが、個人情報保護における個人は自然人を意味する。

問題57 次の1〜5の語群のうち、カギ括弧内の語句と密接に関連しているとはいえない語句を含んでいるものはどれか。

1 「情報事故対策」 シンクライアント SSL IP電話
2 「暗号化」 公開鍵 https 量子鍵
3 「携帯電話」 スマートフォン 無線通信 SIMカード
4 「バイオメトリクス認証」 指紋 虹彩 静脈
5 「フィルタリング」 青少年保護 ホワイトリスト プロバイダ

問題58 次の枠内のTおよびUの記述は、本文の空欄[ア]〜[エ]のいずれかに当てはまる。その組合せとして適当なものはどれか。

 内容省略

問題59 次のア〜オの記述のうち、本文の文章の趣旨に合っていないものの組合せはどれか。

 内容省略

問題60 本文中の空欄[ア]〜[エ]に当てはまるものの組み合わせとして、適切なものはどれか。

 内容省略

>>> 法令択一 多肢選択式 記述式 47〜54